トップページ | タイトリスト ドライバー »

タイトリスト アイアン

タイトリストアイアン

タイトリスト695MB
695mb タイトリスト「695MB」は、独自のZ型バッグフェース・デザインによってヒール部の重さを軽減。重心位置をフェースセンター寄りに設定することで、ボールが捕まりやすくなり、安定した打ち出しと弾道を実現します。薄めのソール幅が上級者の求めるインテンショナル・ショットをサポート。
上級者が好む軟鉄鍛造のソフトな打感と打音を約束します。



タイトリスト695CB
695cb タイトリスト「695CB」は、タイトリスト「695MB」より各番手とも2度ロフト角を立てたストロング・ロフトを採用。ハードヒッターが打ってもボールが吹き上がらず、フラットな強弾道を実現。   独自のZ型キャビティバック・デザインが重心位置をフェースセンターに設定し、ねらい通りの球筋を可能に。ソール幅を少しワイドにし、安定した打ち出しを実現します。




タイトリスト660
660 タイトリスト「660」は、ボアスルー構造により重心位置をフェースのセンター寄りに移動。さらに独自のバックフェース・デザインで番手ごとに最適な重心コントロールを実現。ロングアイアンはボールを上がりやすくし、ショートアイアンではボールのコントロ ール性能を向上。違和感のないクラシカルなフォルムでありながら安心感のあるマッスルバック・アイアンです。


タイトリスト735・CM
735cm タイトリスト「735・CM」は、#2~#4のロングアイアンはキャピティバックを採用し、打ちやすさを。#5~#7のミドルアイアンはシャローキャビティによって高 い操作性を発揮。さらに#8~PWのショートアイアンはマッスルバックを採用し、打感の良さと正確な弾道を可能に。競技性と打ちやすさを両立させたタイト リストならではのコンビネーション・アイアンです。キャビティバックのロングアイアンからマッスルバックのショートアイアンまで、それぞれの特性の違いを感じることなくスイングできる「735.CM」アイ アンは、番手別に設定されたブレードの高さと長さ、オフセット、トップライン、重心位置、慣性モーメントにより、どのようなショットでもプロレベルの要求 を満たすことができます。


タイトリスト755
755_2 タイトリスト「755」は、トゥとヒールに重量を配分し、慣性モーメントをアップ。打ちやすく、ボールを上がりやすくすると同時にミッドサイズのブレードによってミスショットを軽減。さらに衝撃吸収素材がインパクト時のヘッドのブレを防ぎ、より正確な弾道を実現します。タイトリスト   「755」アイアンは、バックフェースの中心部にフォージド・アルミニウムの振動吸収チップを装着。インパクト時のヘッドの衝撃を吸収し、より正確な打球を生み出すとともに打感、打音を向上します。   さらに、センター部を軽量のアルミニウム・チップにすることで、重量をヘッド周辺に配し慣性モーメントを向上。打ちやすさと優れた方向性を約束します。ヘッド素材には410ソフト・ステンレス・スチールを採用し、ソフトな打感を約束。 シャフトには、軽量ながら手元にしっかり感を持たせ、優れた方向性を実現するタイトリスト専用のNS100(S)を使用しています。

タイトリスト775・CB
775cb タイトリスト「775・CB」は、ロングアイアンにユーティリティ構造を採用し、スイートエリアを拡大。さらに、衝撃吸収素材がヘッドのブレを抑え、安定した飛距離を確保します。ミドルアイアンとショートアイアンでは、操作性とボールのコントロール性能を高めた、オーバーサイズ・アイアンです。

トップページ | タイトリスト ドライバー »

無料ブログはココログ